FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂 ドンキーコング 1981年

ドンキーコング

誰もが知っているマリオのデビュー作。
コングが転がしてくるタルをジャンプでよけながらさらわれたレディを助けに行きます。


ドンキーコングは任天堂で不良在庫となったレーダースコープを改造して在庫処理するために作られました。
ストーリー、キャラデザ、サウンド等は任天堂が製造しましたが、プログラミング、ゲーム基板は池上通信機が製造
しました。


今から30年前、近くのショッピングセンター内のおもちゃ屋にアップライト筐体が2台、ドンキーコングとタイトーのタイムトンネルがありました。

当時幼稚園児だった私は兄がプレイしているのを見てて興味を持ち、自分もやらせてもらいました。
これがはじめてのゲームだったと思います。
ヘタクソなので1面がクリアできませんでしたがそれでも大好きなゲームでした。
兄が2面に行き、やらせてもらったらクリアできてすごく嬉しかったのを今でも覚えています。

アーケード版とファミコン版の違い
ゴリラがレディをさらってハシゴを登るデモが無い。
ステージ表示(25M、50M)が無い。
2面のベルトコンベアステージが無い等。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマッド

Author:ノーマッド
FC2ブログへようこそ!

Amazon
Amazonでのお買い物はこちら
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。